色々な住宅模型

マンション売却はカシコクするべきです|知る人ぞ知るマル秘情報

不動産の強制執行

困る男性

不動産をめぐる法律

不動産の競売とは住宅ローン破綻などによる強制執行によるものです。債券や動産など対象によって方法は異なりますが、いずれの場合も手続き開始は裁判所へ申し込みます。執行裁判所は強制競売の手続きをするにはまず最初の流れとして開始決定をします。債権者のために不動産を差し押さえる宣言をしなければいけません。流れは、まず最初に債権者からの申し立てにより、裁判所から競売開始決定通知が届けられます。次に裁判所の執行官による不動産への現地調査が入り、調査所が作成されます。そして競売の入札時期を知らせる書類が届きインターネットや住宅情報誌、新聞などに競売物件として掲載されます。そして最終段階の流れとして期間入札が開始されます。

担保権の実行

その物件の買い手が決まれば明け渡しのために債権者は引越しをすることになります。注意が必要なのは任意売却の切り替えについてはこの期間入札の開始までです。任意売却で購入者を探して価格交渉や抵当権の抹消手続きするまでに、非常に時間がかかるので、入札後に任意売却への切り替えをするにはとても困難です。入札開始日の前日までなら債権者は競売を取り下げることが認められるので、任意売却をしたいなら早く申し立てましょう。競売で入札者がいた場合は最も高い金額で入札した人が物件を落札します。一般的に入札価格は任意売却よりも5割ほど安い金額で掲載されます。そして購入者が決定した場合、該当不動産が自宅なら転居先を見つけておかないといけません。このように競売の流れでは決定通達から買主に落札されるまで、半年から一年以上かかります。この流れは民事執行法で定められているものなので拒否することはできません。