色々な住宅模型

マンション売却はカシコクするべきです|知る人ぞ知るマル秘情報

住宅ローン返済に窮したら

一軒家

不動産を購入するにあたり、多くは住宅ローンを組んで返済します。資金計画を立てていても、予期せぬ出来事により返済が困難となるケースがあります。病気や失業などにより収入が途絶えると、ローンの返済は滞ります。通常は半年ほど滞納が続くと、一括返済を求められるようになります。その前に返済の延期などを申請することも可能です。近い将来、再び収入を得る見通しがあればの話です。けれどもそれも困難となれば、やがてローンの債権は保証会社に移ります。そして一括での返済が不可能となれば、不動産は差し押さえられて競売にかけられます。その前に行える手段として、任意売却があります。これは自分で売却先を探して処分することにより、競売よりも良い条件で手放せるものです。

任意売却はこれまで、専門業者に任せていたものです。流れとしては、競売にかけられる物件を買い手が安心して購入できるようにと、売り手との仲介役として売買をまとめる形です。競売よりも高めの価格にはなりますが、それでも任意売却となると相場よりも安く処分されたものです。けれども今では、一般の不動産の仲介業者も任意売却が行えるようになっています。そのためにはまず、債権者との話し合いで合意を得る必要があります。ローンの残債を全て支払うことができなければ、どのように返済するのかを決めるからです。そのような煩雑な手続きも全て行ってくれますし、何よりも周辺の不動産相場とほとんど変わらない金額で売却できるのが大きな利点となります。