歴史は古く

各種胎盤製品
日本における胎盤の歴史は古く、

第二次世界大戦の終わりに胎盤を含む経口栄養素が開発され、全国的に販売されるようになりました。フワリ プラセンタ 販売店

開発時には、妊娠中の女性の乳汁分泌不全と新生児死亡率の改善に大きな効果を示し、今日までに多くの胎盤製品が研究開発されています。現在では、胎盤を原料とした「医薬品」「サプリメント」「化粧品」など多くの商品が作られています。

胎盤の安全性
あなたが知っているように、胎盤成分は胎盤から抽出されます。医療機関で使用される胎盤注射薬は、ヒトの胎盤由来の特定の生物の産物として指定されています。製造工程から市販後まで、特定の生物由来の製品に対してさまざまな安全対策が講じられています。

しかし、現在の製造工程では除去できない未知のウイルスや病原体の存在を完全に否定することはできず、感染症などのリスクもゼロではありません。現在、日本では胎盤注射薬による感染症の報告はありませんが、胎盤注射薬を打つときは同意書を書く必要があります。
一方、国内の経口薬、サプリメント、化粧品の原料となる胎盤は、豚や馬などの動物の胎盤から作られています。製造工程では、微生物の有無や殺菌処理をチェックすることで安全性を維持しています。

胎盤の危険
嗅覚医薬品、サプリメント、化粧品は主に豚や馬の胎盤から作られていますが、過去には牛の胎盤も使われていました。
しかし、狂牛病(BSE)の発生により、厚生労働省は「BSEが発生する国では牛や羊などの反芻動物の胎盤を使用しない」ことを原料としている。現在、日本では羊由来の胎盤が流通していますが、輸入によるものです。原産国などをしっかりチェックしてリスクを避けましょう。

白い肌は年齢に関係なく女性を照らします。プラセンタサプリメントや飲み物を積極的に取り入れることで、美しい白で永遠の美を手に入れたいです。

原料への注意

胎盤の危険性で述べたように、日本では狂牛病(BSE)の危険性のために牛胎盤の製造または販売は行われていません。しかし、羊の胎盤は海外からの輸入で販売されているようです。

羊の胎盤を使うとき、BSEが起こらなかったオーストラリアとニュージーランドからのものは非常に安全であると言われます。日本で製造されている多くの胎盤製品はブタの胎盤を使用しています。特に国内豚由来のSPFプラセンタの安全性は高いです。

SPF Placentaは、日本のSPFブタ協会によって決定されるように、特定の微生物および寄生虫に由来する病原菌を持たないきれいなブタから集められた国内の胎盤です。また、ウマ胎盤の安全性も高いとされています。
その理由は、ウマの体温が非常に高いために寄生虫が繁殖するのが難しく、感染に対して抵抗性があり、繁殖過程におけるワクチン接種のような薬物の汚染を受けにくいからです。

より安全な胎盤を選択する

前述のように、胎盤には薬、サプリメント、化粧品があります。医薬品の開発から販売まで様々な基礎試験、治験、治験が行われており、有効性が承認されているため有効であると期待できます。一方、サプリメントや化粧品は独自の基準で製造されているため、購入時には原材料や産地の確認などの基準を満たしているかどうか、SPFや日本健康栄養食品協会(JHNFA)が安全に選択できます。

しかし、あなたが知っておきたいのは、胎盤薬とサプリメントは有効性と安全性の観点から非常に安全であるということです、それはすべての人に有害なイベントが発生しないと言うことはできません。有害事象に関しては、体質およびアレルギーによる個人差があります。薬の服用に伴う体調の変化や不快感がある場合は、直ちに服用を中止して医師/薬剤師に相談してください。

胎盤の飲酒
OTC薬のための胎盤製剤の添付文書を見るとき、我々は飲酒に特別の注意を払いません。ただし、慢性の病気や病気を治療するために服用している薬がある場合は、医師/薬剤師に相談してください。複数のサプリメントやビタミン剤を服用するときは、製品中の胎盤以外の有効成分が他のビタミン剤やサプリメントと重なり合い、過剰に摂取しないように注意してください。

胎盤は様々な形をしています。原材料の違いを確認して選択することで、より安全に摂取することができます。胎盤を美しく健康にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です