褐色脂肪細胞

ダイエットをしている人が最近注目しているのが褐色脂肪細胞というものです。
ルフィーナ

褐色脂肪細胞とは、どういった性質を持っている細胞なのでしょう。脂肪細胞には普通私たちが脂肪と呼んでいる白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2つが存在しています。褐色脂肪細胞はダイエットをするうえで非常に重要な働きをする細胞だといわれているのです。
白色脂肪細胞はエネルギーを貯めこむものですが、褐色脂肪細胞はエネルギーを消費するものです。
脂肪を熱エネルギーに変換させる働きが褐色脂肪細胞にはあるのです。たくさん食べているのに太らないという人がいます。
痩せの大食いと言われるような人たちは褐色脂肪細胞が活発に働いています。
余剰エネルギーは白色脂肪細胞に蓄えられるものですが、エネルギー消費が激しければ残ることはまずありません。
褐色脂肪細胞は主に首の回りと胸の周辺、肩甲骨の深層部にしかありません。量は脂肪細胞の1%程度しかないものだといいます。
褐色脂肪細胞は体温を維持する機能を持っており、血流を促進し基礎代謝を向上させます。
寒いときや体温維持をしたいときに働くのが褐色脂肪細胞なのですが、脂肪を活性化させてダイエットをするという方法が今人気なのだそうです。
年齢を共に減っていく褐色脂肪細胞はですが、今肥満治療につなげる研究もされているといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です