手軽で安全

現在では、シワの手術はかつてそうであったよりも手軽で安全なものになりました。
カロスバーン

シワやたるみが出やすい箇所は一定していて、口や目の周辺、首、頬などといわれていますが、どの箇所も手術によってシワ取りができます。シワ取り手術は入院することは必要ありませんので、術後は翌日から人に会うこともできます。手術ではシワや皮膚のたるみを切って取り除くため、まつげの下や髪の中などに傷跡が残りますが目立たない場所なので大丈夫です。手術後の顔のシワは、顔を上にして寝そべった状態で鏡を見たときのような形になります。頬のシワや鼻の横のみぞに対しては、耳の上下付近でたるんでいる皮膚を切り取って、筋肉を斜め方向に引き上げる形で手術を行います。これで鼻の横のシワや目尻のシワの一部を切り取ることができ、皮膚だけを切り取るよりは、筋肉を斜めに引き上げた方が遙かに長持ちするのです。目の下のシワ取り手術の場合は、まつげの生え際の皮膚を少し切り取ります。術後にまぶたの下に皮下出血のような色が出ることがありますが、一週間ほどでなくなります。額部分のしわを取るには、生え際から数センチ程度髪の中側に入ったところで皮膚を切除し、皮膚を引っ張って持ち上げます。この手術のよい点は、額の皮膚が厚いことから腫れたりすることがほとんどないことです。美容外科医の中には、表在性筋膜をたくし上げるなどの術式をとる者もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です